自費出版の営業といえば、度重なる電話でのアプローチや、無理やり何かを勧められると思われている方も多いようです。

しかし、昨今では、出版したい人自らが能動的に、インターネットで出版社を探し、ホームページから資料の請求や問い合わせができる時代へと変わりました。

ただ、インターネットから探した会社が必ずしも安心とは言い切れません。ネットで、「自費出版 トラブル」と検索すると、様々なレビューが出てきますので参考になるかもしれません。

また、出版社とのやりとりの多くは、メールや電話で済ませることができるようになり、仕事やプライベートで忙しい方や、高齢で出歩くのが困難な方、また、僻地にお住まいの方など、直接会って打ち合わせをしなくとも、出版することができるようになりました。ただ、直接会わず、イメージ通りの本ができるのか、という不安は残ります。ただでさえ自費出版にいい印象を持ってない人も多いのです。

そんな中で、実績を挙げている出版社は、サービスの質が高いといえるのではないでしょうか。どんなコミュニケーションツールを使うにしろ、安心して任せられるか、信頼関係を築けるか、というのは、どんなサービスを利用するにも重要なポイントです。

作家や作家の環境、書きたいものによって対応が異なってくるように、それぞれのケースに合わせて柔軟に対応してくれる出版社かどうかといったサービスの質は、確実にレビューや出版数に現れてくると思います。

そして、安すぎるコストに、こんなに安くてちゃんとできるのか、という不安を覚える方もいるかもしれませんが、その点も、大手出版社と異なり、編集やデザインを子会社に外注するなどの工程をなくし、すべて自社で賄えるよう内製化し、マージンが発生しないようにしているようです。